スポンサーリンク

韓国就活の準備書類まとめ!必須の「自己紹介書」とは?

アイキャッチ画像

こんにちは! Motokiです!

訪問してくださりありがとうございます😊

前回の記事では,韓国就活サイトの使い方を解説しました👇

今回は「韓国就活の準備書類」と題して,それら就活サイトから応募するときなど,韓国就活において準備しておくべき書類を紹介します!

韓国就活の準備書類

日本の就活では履歴書やエントリーシート(ES)を準備するのが一般的です.

韓国就活でも似ていて,主に以下の2つはほぼ必須です!

  • 履歴書
  • 自己紹介書

そして企業によっては

  • ポートフォリオ

を準備する必要があります!

ではそれぞれ何を書くべきなのか,解説していきます!

履歴書

これは日本で用いられている一般的な履歴書をイメージしていただけたら大丈夫です!

  • 氏名・連絡先などの基本情報
  • 学歴
  • 職歴
  • 活動歴
  • 資格
  • 語学能力

などを記入します!

自己紹介書

本記事のメインはこれ!

自己紹介書です!

おそらく初めて耳にする方もおられると思います.

私も韓国就活を開始したとき初めて知りました.

なので以下,丁寧に解説していきます!

自己紹介書に書く内容は,一般的に以下のようなものがあります!

  • 志望動機(及び入社後の抱負)
  • 性格の⻑短点(及び生活信条)
  • 成⻑過程
  • 成功経験と失敗経験
  • チームワークとリーダーシップの経験

*詳しく記述する場合は(カッコ)内の項目を追記したりします!

自己紹介書は,応募者の人柄や考え方,これまでの成長過程や経験などを,採用担当者が把握するためのものです!

自分のアピールしたい部分や,貴社にこんな貢献ができますよというのを記述します!

また,応募職種で求められているスキルや能力を把握して,職種ごとに適した内容を記述するのが一般的です!

各項目の後半から結びにかけては,「その性格や経験を(で),会社でどのように活かしていくか,会社にどのような貢献ができるのか」といったことを記述します!

面接の際は,ここに書いたことについて深掘りされることもあるので,しっかり考えて記述しましょう!

例文が見たい方は,ネイバーで検索するといろいろ出てきます!

有料のものもありますが…笑

ちなみに自己紹介書は韓国語で「자기소개서」で,しばしば略して「자소서」と言います😆

ポートフォリオ

ポートフォリオと聞くと,「自分が制作したデザインや作品をまとめたもの」というイメージがあるかもしれません.

韓国就活におけるポートフォリオは,もちろんデザイン系の職種に応募する際は上の意味で使いますが,それ以外の職種に応募する際にも必要となる場合が多いです!

例えば,マーケティングの職種においてポートフォリオを提出することもあります!

その際は

  • マーケティングに携わった経験(職歴やインターンなど)
  • 具体的にどんなことを実践したか
  • 意識して取り組んだことは何か
  • 結果はどうだったか

などを記述します!

経験が複数ある場合は特に重要なものを2〜3個書くと良いと思います!

そしてそれらの経験を通して,自分の特徴は何かをアピールします!

なのでただ結果を報告するのではなく,「自分を売り込む提案書」のようなイメージで書くことが大切です!

ちなみに

上では履歴書,自己紹介書,ポートフォリオのそれぞれについて説明しましたが,必ずそれに縛られているわけではありません!

例えば自己紹介書のみを提出する場合もあるので,その時は自己紹介書に履歴書情報も併記することになります!

またポートフォリオだけという場合は,ポートフォリオに履歴書情報や自己紹介書の内容も一緒に記載したりします!

その辺は,自由形式かどうかも含めて募集要項に記載してあるので,ケースバイケースで対応してください!

不明な場合は企業に直接問い合わせてみましょう!

おわりに

以上,韓国就活の準備書類,履歴書,自己紹介書,ポートフォリオをそれぞれ解説しました!

自分と向き合いながらしっかり作成し,皆様にとって良い結果が出ることを願っています☺️

ここまで読んでいただきありがとうございます✨

では次の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました